2017年8月27日 (日)

旅の終わり

旅の終わり

これで全ての作戦が終了。
農試公園で遊ぶ子どもたちの姿に
癒されつつ、この旅を終えよう。
やはり保存蒸気は
公園の子どもたちがよく似合う。
写真は公園のガリバー遊具。
★保存蒸気の記録
初日
D51 47
C57 144
D51 942 (動輪のみ)
C12 2
59609
二日目
夕張鉄道 25号機
夕張鉄道 21号機
夕張鉄道 4号機
大夕張鉄道 14号機
デカデゴイチ 101号機 (番外)
B20 1
D51 237
C62 3
D51 11
合計14機

|

農試公園

農試公園
農試公園

気を取り直し、北大西側にある農試公園に移動。
ナメクジ11号機。

これが今回の旅の最後の釜。
みなみ公園のナメクジ47号機に始まり、
農試公園のナメクジ11号機で締めた。

デゴイチに始まり、デゴイチで終わる。
デゴイチの権威であるタケ氏も
満足されたようだ。

|

サッポロビール園

サッポロビール園

苗穂工場から至近のサッポロビール園に移動。
日曹炭鉱専用線のキューロクが保存されていたはずだが探せどいない。
受付のおねーさんに聞くと移動したとの事。
後でネットで調べると、6月にニセコ駅前に移設したらしい。
少し遅かった。
でもスクラップにならずによかった!

|

苗穂 4

苗穂 4
苗穂 4
苗穂 4

北斗星関連も充実。
寝台車は壊さず保管して欲しかったなあ。

結局お蔵入りしたDMVも展示。

|

苗穂 3

苗穂 3
苗穂 3

資料館に入る。
アルコンやキハ82のお面があったり、
苗穂で廃車になった歴代名車の
パーツがあったりと見所多数。

|

苗穂 2

苗穂 2
苗穂 2
苗穂 2

いよいよ本命のシロクニサン。
タケ氏はデゴイチの権威だが、
シロクニも大大好物なのだ。

普通の保存蒸気はテカテカペンキで
塗られ、華美な色入れがされているが、
このシロクニサンは現役機のような
マットブラック。

圧倒的な迫力を感じるのは、
奇跡の再復活に一縷の望みを掛ける
我々の気持ちから来るのかもしれない。

|

苗穂 1

苗穂 1
苗穂 1

朝日から岩見沢に抜けて札幌の苗穂へ。
苗穂工場の資料館は特定日しか公開しておらず、
今回のプランニングは公開日に合わせた形だ。

苗穂工場謹製の237号機。
タケ氏のデータベースでは非公開だったらしく、
サプライズとなった

|

万字線 朝日駅

万字線 朝日駅
万字線 朝日駅
万字線 朝日駅

夕張から丁未に登り峠を越えて万字へ。
万字、美流渡と残された町をみつつ、
朝日駅へ。
タケ氏はB20が気に入ったらしい。
確かに可愛いのでお持ち帰りしたくなる。

|

夕張の今

夕張の今
夕張の今
夕張の今

コークス工場の大煙突を見たり、
体験坑道に潜ったり、
のんきやでラーメン食べたりと
夕張はやること多くて忙しい。

|

デカデゴイチ 3

デカデゴイチ 3
デカデゴイチ 3
デカデゴイチ 3

5月の時より崩壊が進んだ気がします。
夏草がゆれて、兵どもの夢の跡。

|

デカデゴイチ 2

廃遊園地の入園ゲートで見えないヒトに入園料を払い

デカデゴイチを目指します。
廃遊園地って夢が詰まっていた分、とても切なくなります。Image

|

デカデゴイチ 1

デカデゴイチ 1
デカデゴイチ 1

タケ氏がどうしても行きたかった
通称デカデゴイチのSL館。

バリバリ夕張の遊園地の一施設だったが、
今は廃墟で崩壊が進んでいる。
イロモノ物件の分類になるだろうが、
これはこれでいとおしいらしい。
そして圧倒的なオーラ!
これは実際見た者にしか
理解してもらえないだろう。

|

夕張線

夕張線
夕張線

日中は昼の一本のみ。
もういくら待っても石炭列車はやってこない。
古い写真は清水沢炭鉱のもの。
大夕張鉄道と立て坑櫓が見える。

|

大夕張鉄道

大夕張鉄道
大夕張鉄道

木のぬくもりのシートに座ると
あの時代に行けそうな気がする。
保存会が維持してくれるので、今も乗れる事に感謝したい。

|

ふるさと大夕張

ふるさと大夕張
ふるさと大夕張

シューパロダムに沈んだ大夕張。
夏場は水位が下がり、旧道や白金大橋が見えてくるのが切ない。

|

2017年8月26日 (土)

夕張鉄道キューロク 2

夕張鉄道キューロク 2

こちらは栗山公園のキューロク21号機。
屋根付きで大切にされている。

公園の子どもの喚声は、この地で休む保存蒸気にとって安らぎなのかもしれない。


|

夕張鉄道キューロク 1

夕張鉄道キューロク 1

二日目は早起きして、馬追温泉近くのキューロクを見に行く。

ネット情報では状態が心配されていたが、お化粧直ししていて、一先ず安心。
ずっとこの地にいて欲しいと思う。

|

馬追温泉

馬追温泉
馬追温泉
馬追温泉

空知産炭地探索の常宿。
変わらぬあたたかいもてなしが嬉しい。
お夕飯も美味しい。

|

クロフォード公園

クロフォード公園
クロフォード公園
クロフォード公園

帰り道クロフォード公園に寄ってく。
時間がないのでざっと見。
駅でたたずんでまったりしたいが、そうもいかない。

|

三笠鉄道記念館 4

三笠鉄道記念館 4
三笠鉄道記念館 4
三笠鉄道記念館 4

時間はあっという間に過ぎて、かたわれどき。
名残惜しいが宿に向かわなければ。

|

三笠鉄道記念館 3

三笠鉄道記念館 3
三笠鉄道記念館 3

構内は広く展示車輌多数。
但し露天のため、保存状態はよくない。

|

三笠鉄道記念館 2

三笠鉄道記念館 2
三笠鉄道記念館 2

ED76
中もぐるっと一周見学できます。
SGがメカニカルでかっこ良い。

|

三笠鉄道記念館 1

三笠鉄道記念館 1
三笠鉄道記念館 1

C12とキューロク。
ここも保存状態が良く、立派な機関庫に入っています。

キャブの見学も自由に出来て幸せとタケ氏。

|

幌内炭鉱 立て坑櫓

幌内炭鉱 立て坑櫓

動輪調査に熱が廃ってしまったが、ここは幌内炭鉱。産業遺産としていつまでも残って欲しい。

|

2017年8月25日 (金)

幌内炭鉱 動輪

幌内炭鉱 動輪
幌内炭鉱 動輪

前回宿題だった放置動輪の型式だけど、
刻印を調べたところ、D 51 942と判明!
調べてみると、どうやら保存機としてもいわく付きのようで、
2006年に解体されています。
解体後の足跡を辿ることが出来ず、
謎は深まるばかり・・・。

|

唐松駅

唐松駅
唐松駅

幌内線唐松駅跡。
幌内炭鉱のホッパーがあったが、
栄華の時は今の姿からは想像できない。

|

奔別炭鉱 2

奔別炭鉱 2
奔別炭鉱 2

東洋一の立て坑に東洋一のホッパー。

現実感を失うこの感覚が究極の廃墟の証。

|

奔別炭鉱 1

奔別炭鉱 1
奔別炭鉱 1

続けて5月も訪れた奔別炭鉱に。

これはタケ氏に見せたかったので。

夏草が邪魔して藪こぎしたが、
圧倒的な廃墟美にやはり魅了されてしまう。

|

みなみ公園 3

みなみ公園 3
みなみ公園 3

ここの保存機は解放的で、
キャブに自由に入れます。

自由すぎて童心に戻り色々ガチャガチャさわりました。

あと、タブレットキャッチャー付いてました。

|

みなみ公園 2

みなみ公園 2
みなみ公園 2

デゴイチの若番ナメクジです。

保存状態は非常に良いとタケ氏の弁。

|

«みなみ公園 1